風邪薬で依存症になるのか?

風邪を引いた時には市販の風邪薬を服用しているという方は多いかもしれませんが、依存症になってしまう可能性があるのを知っていますか?

風邪薬を服用する際には用法用量を守る事が大切ですが、長期間服用し続けてしまうと依存症になってしまう事が考えられるので注意が必要ですよ。

市販の風邪薬は安価で気軽に手に入れやすいため、特に若い人の間で依存症が増えていると言われていて、乱用してしまうと危険ですから使いすぎない事が大切なのです。

市販の風邪薬の中でも解熱鎮痛薬や総合感冒薬、鎮静薬には注意が必要ですよ。

用法用量を守って服用したのに症状が改善しなかった場合は、病院を受診して医師の診断を受けたり薬剤師に相談すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です