鎮痛剤にも種類がある?正しい選び方とは?

痛みを和らげる効果がある鎮痛剤にも幾つか種類がありますので、正しい選び方について知っておくと良いでしょう。

痛みの症状に合わせて選ぶ事が大切ですから、頭痛が辛いのであればロキソプロフェンやイブプロフェンやアセトアミノフェンなどの成分が配合されている薬を選びましょう。

生理痛で辛いなら、イブプロフェンやアセトアミノフェンの成分が配合されている医薬品を選ぶのがオススメです。

アレルギーがある方は服用する前に成分をよく確認する事が大切ですよ。

鎮痛剤は成分によっては長期連用すると依存する傾向が高いと言われていて、服用しすぎると頭痛が慢性化してしまう事が考えられますので服用には注意が必要なのです。

鎮痛剤は痛みが発生してから飲む薬ですから予防のための服用はNGですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です