漢方薬は危険?気をつけるべき副作用とは?

漢方薬は西洋薬と比べて安心だと思っている方は多いかもしれませんが、西洋薬と同様に副作用がありますので気をつけて服用する事が大切ですよ。

副作用として間質性肺炎で発熱や息切れなどの症状が出る事があり、小柴胡湯などの特定の漢方薬を服用する場合は気をつけた方が良いでしょう。

腹痛や下痢の副作用は多くの漢方薬の副作用として出る可能性があり、体質が合わない漢方薬を服用する場合は注意が必要ですよ。

副作用として血圧上昇を引き起こす可能性があり、多くの漢方薬で使われている甘草の生薬は血圧を上げる効能があるため、高血圧の症状がある方は甘草が入っている漢方薬の服用は避けた方が良いでしょう。

副作用として自律神経の症状が出る可能性もあり、生薬の麻黄が含まれている漢方薬を服用する場合は注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。