ステロイドの薬は市販薬と医療用で何が違う?

ステロイド塗り薬は、医療用の薬と市販薬で違いはあるのでしょうか?

ステロイド塗り薬は、日焼けや虫刺され、汗疹などの症状で気になる皮膚の症状に対して炎症や痒みを抑える効果が期待できる外用薬なのです。

ステロイド薬の効果の強さは5段階あり、もっとも強いのがストロングゲストですが、次にベリーストロングやストロング、ミディアムやウィークという順番になり、ストロングからは市販薬で手に入れる事ができますよ。

ストロングゲストやベリーストロングが欲しい場合には医師の診断が必要になりますので、医師の指導のもとに使用する事が大切なのです。

市販薬の場合、ステロイドに抗生物質が含まれている物もあり、医療用の物と成分の量は同じだという事ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です