漢方薬にも副作用ってあるの?

東洋医学で使われている漢方薬は複数の生薬の成分からできている薬ですが、副作用があるという事を知っておきましょう。

漢方薬は西洋薬よりは頻度は少ないと言われていますが副作用があり、甘草という生薬は漢方薬でよく使われていますが、複数の漢方薬を併用している人は注意が必要なのです。

芍薬甘草湯は特に注意が必要であり、飲みすぎると偽アルドステロン症が起こる場合があり、浮腫みや血圧が上がったり、不整脈を誘発する場合もありますし、初期症状として怠さやしびれが出る事があるそうです。

生薬を含む漢方薬の副作用を起こしにくい方法として、服用する前に1日の目安の服用量を守って服用する事が大切ですから、気になる方は薬剤師に相談してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です