循環器系の疾患に使われる薬とは?

循環器疾患に使われている薬には、どんな種類があるのでしょうか?

ノルアドレナリンは循環器系の病棟でもよく使われていて、血圧を上げる昇圧剤は血管収縮によって血圧を上げる作用があるため、急性低血圧や敗血症ショック、アナフィラキシーショックなどで使用されているそうです。

フロセミドは、腎臓に作用して尿量を増やす事によって体内の余分な水分を減らす利尿薬なので、腎性の浮腫やうっ血性心不全などで使われていますが、尿が過剰に出てしまい脱水や低血圧になる可能性もあるので注意が必要ですよ。

ヘパリンは血が固まってしまうのを抑える作用がある抗凝固薬で、血液をサラサラにする効果があるため、心筋梗塞などの血栓塞栓症の治療や予防として使われていて、副作用として血小板が減少する事が考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です