抗うつ薬副作用

抗うつ薬はうつ病患者が服用するものですが、効かなかったり、副作用があったりするのです。

抗うつ薬は沢山ありますが、薬を服用することによって、性的な副作用が起こると報告されているのです。
セロトニンと呼ばれるホルモンに影響する抗うつ薬は性欲の低下のほか、目覚めの悪さ等を起こす場合があります。一方で、ドーパミン、メラトニンの代わりに効くようなホルモンに影響する抗うつ薬は性的な副作用が起こりにくいのです。

結局、副作用が起こるのは困りますが、性的な副作用は1番困ります。
性的な副作用があることで、性行為等に満足できなくなることで治療をしたくないと思う人が出てきてしまうのでしょう。
抗うつ薬でもなんでも、自分の体にあった薬を処方することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です