ロキソプロフェン錠「クニヒロ」

ロキソニンは1986年から医療用の医薬品として処方されている解熱鎮痛薬です。ロキソニンと添加物まで完全に同じものにはロキソニンSというしょうひんがあります。

添加物は多ければよいというものでもなく添加物の違いによる効果の影響の有無は、とても判断が難しくなっています。薬の効果は基本的には有効成分によってきまり、添加物は、味や香りづけ、錠剤の形成、保存期間に影響を与えますが、薬の効果において無視できないと言ったことにもなります。

市販薬の中では最も効果の高い痛み止めであるということもしられており、高い人気をもっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です