市販薬で減税?

今薬局で市販されている対象の薬を購入すると減税が出来る「セルフメディケーション税制」が話題となっています。

対象となっている薬は病院で処方した薬とほぼ同様の成分を持つもので、年間1万2000円以上購入した場合に、上限10万円まで減税される制度です。
対象の市販薬は誰でも分かり易いように箱などに「セルフメディケーション控除対象」と記載されていたり、お店によっては対象薬を購入した時、レシートに印が表示される場合もあります。

薬の種類は風邪薬や解熱鎮痛薬、胃腸薬を始めとし、鼻炎薬やアレルギーの薬、湿布薬や水虫用の薬など、多岐に渡り対象となっている可能性があるので、購入する際は箱を確認してみてください。

注意点として、対象になるには厚生省指定の成分が入っていないと行けませんので、同じ種類の市販薬でも対象になっていたりなっていなかったりすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です