胃薬はどれを選べばいい?

胃は消化吸収の役割がありますが、食べ過ぎなどによって胃が疲れたり、胃の調子が悪い時には、胃薬を服用するという選択肢もありますので、胃薬の種類や選び方についてご紹介いたします。

胃薬は主に胃の消化を助ける薬と胃を守る薬がありますが、消化の機能が低下していると食欲が無くなったり、胃がムカムカするなどの症状が出るので、胃薬で消化を助ける事によって、これらの症状を和らげる事ができるのだそうです。

胃では胃酸という物が分泌されていて、通常であれば胃酸による攻撃から胃を保護するための粘液が分泌されているのです。

しかし、胃酸と粘液のバランスが崩れてしまい、胃が荒れてしまうと胃が痛いと感じたり胸焼けなどの症状が出るので、胃薬で胃酸を減らしたり粘液を増やして症状を緩和できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です