薬ってどんな風に作られているの?

薬が出来上がるまでに、どのような工程が行われているのか知っていますか?

錠剤の場合には、まずは原料検査が行われて、使われる薬品が規定の成分かどうかを検査しているのだそうです。

予備混合工程では、出来上がる薬にムラができないよう成分を配合する段階であり、粉砕工程では粒の大きさを細かくして決められたサイズにするのだそうです。

造粒工程では空気により浮かせた物に、さとう液や精製水などを吹きかけてサラサラな顆粒の状態を作るのです。

最後の混合工程では、成分が均一になるように機械でしっかりと混ぜて、打錠工程で一般的に知られている錠剤の形を作るために金型で押し固められるそうです。

その後に、変な物が入り込んでいないか検査が行われたり、粉などを落とした後に薬を腸で溶かすためのコーティングを行うのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です