医薬品はどのように開発されるの?

病気になった時に服用する医薬品は、どのようにして開発されているのか知っていますか?

薬を開発している会社や薬の内容によって多少は異なるかもしれませんが、長い年月をかけて作られているのです。

まず、薬が必要なニーズを特定して治療に必要な有効成分を探すところから始まり、薬が体のどの部位に作用するのかを探求したり、新薬に入れる有効成分を数多くの成分の中から探し出すのです。

成分が見つかったら実験が行われて、その化合物が人の体にどんな影響を及ぼすのか調べたり、目的の部位にきちんと作用するのかを調べるのですが、それだけでなくその化合物の副作用についても調べられているのです。

効果が得られる用量を決定したり、コンピュータでシミュレーションを行い、関係部署で承認を得てから臨床試験に進めるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です