ジェネリック医薬品の真実とは?

近年になって名前が知られるようになったジェネリック医薬品は、一体どのような薬なのか知っていますか?

薬局でジェネリック医薬品の方が安いですよと言われたことのある方もいるかもしれませんが、ジェネリック医薬品は海賊版の薬のことであり、特許が切れた事により小さな会社でも作ることができるようになったのです。

必要な効果の成分だけを含んでいれば、他に何を含んでいても国からジェネリック医薬品として認められるのは、薬代で医療費が高騰しているためであり、薬代を減らして国の負担を減らすために安い薬を使いたいと考えているとのことです。

ジェネリック医薬品はよくある医薬品と同じというわけではなく、必要な成分の他にコーティングの成分など様々な物が使われているため、リスクも考えられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です