高齢者は注意!薬の副作用と相互作用

どんな薬にも相互作用と副作用がありますので、正しく服用して薬の効果を得ることが大切なのです。

副作用は、薬を服用した際に薬の効果とは別の症状が表れるということであり、多くの薬には副作用があるので用法用量よりも服用量が多かったり、誤った服用法を行うと薬の効果が強く出てしまいますよ。

薬によっては、アレルギー症状として副作用を引き起こす場合がありますので注意が必要なのです。

高齢者の場合には肝機能や腎機能が低下しているため、薬の吸収や代謝が落ちていて副作用が表れやすいと言われていて、レビー小体型認知症という認知症の方は、副作用で認知症のような症状が表れることがあるそうです。

相互作用とは、薬を特定の食べ物と一緒に摂取すると、薬の効果が弱くも強くもなるという作用のことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です