妊婦さんは薬を服用できるのか?

妊娠中の医薬品の服用は、胎児に悪影響を受けてしまうため、服用してはいけないという人もいますが、薬を服用することによりどんな影響を受けるのか知っていますか?

妊婦さんは薬の影響を受けやすいため気を付ける必要があり、サリトマイドと呼ばれる薬を妊婦さんが服用したことにより胎児に影響が出て薬害が生じてしまったというケースもありますよ。

妊娠初期の段階では細胞分裂を行って胎児を形成して、その次には臓器を作る段階に入り、そして生まれる準備を行う段階に移行するのですが、妊娠の段階によって薬の影響も異なっています。

もし妊娠初期に薬を服用した場合には、薬の影響を受けない場合か流産が考えられ、臓器を作る段階ではもっとも薬の影響を受けやすいですから、妊娠中に体調不良や病気になった場合には、医師に相談することが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です