頭痛薬で気をつけたい副作用

今や頭痛は国民病と呼ばれるほど多くの方が悩んでいる症状で、頭痛薬を良く服用するという方もいらっしゃると思います。
今回は頭痛薬によるいくつかの副作用の中でも、特に代表的な胃腸障害と薬物乱用頭痛についてご紹介致します。

まず胃腸障害は、痛み止めに入っているアスピリンという成分が胃の粘液を出しにくくしてしまうことで起こります。
胃の粘液が少なくなると胃が荒れる原因になりますから、医師から処方される痛み止めは胃薬もセットのことが多いのです。

続いて今注目されている副作用としても有名な薬物乱用頭痛は、薬を飲んで症状を抑えているのにも関わらず全く頭の痛みが無くならず、却って毎日のように強い頭痛が起こってしまうようなことを指します。
「薬物乱用」という言葉が入っている通り、市販薬、処方薬関わらず薬の飲み過ぎにより起こってしまう頭痛です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です