医薬品の仕組みとその役割について

薬害を起こさずに、安全に薬が自らの手に届くためには、社会の仕組みが上手く働く必要がありますよ。

製薬会社が薬の開発や製造を行いますが、まず国の専門機構に新薬の製造や販売の承認を申請し、国は薬の安全性を厳しくチェックしてから承認され、その後医療機関や薬局で販売することができるのです。

薬局や医療機関にて、医療従事者が薬の使用者に薬の情報を提供して処方することができるのです。

国は薬の安全性や有効性を点検するという役割があり、製薬会社への指導や承認の取り消しなどを行って薬の監督を行うのです。

製薬会社は危険な薬の販売を中止・回収したり、薬に説明書を付けて正しい情報を伝えるなどの役割があり、医療従事者は薬の情報を正しく伝えるという役割がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です