日常で役立つ薬の正しい飲み方

薬には種類があり、口から服用する内服薬と皮膚などから吸収する外用薬、血管などに投与する注射薬があり、それぞれの効果を最大限に発揮できるような形状になっています。

内服薬は薬の効果を効果的に発揮させるために、溶ける時間が計算されて作られていますので、胃で溶けて小腸で吸収されるためには食前か食後という用法を守ることが大切なのです。

薬を胃まで届けるためには薬を正しく飲むことが大切ですから、コップ1杯の水で飲むようにしましょう。

飲む水の量が少ないと、喉の奥で引っかかって炎症を起こしてしまう可能性がありますし、ジュースや牛乳など味が付いている飲料と一緒に飲んでしまうと、薬の効果が弱くなってしまうので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です