急に中心すると危険な薬は?

薬の服用を急に辞めてしまうと命の危機に出会ってしまう可能性があるのです。
そんな薬が幾つかありますので、今回は自己判断で辞めては危険な薬を紹介します。

まずは、降圧薬です。降圧薬は、血圧が落ち着いてきても急に中止すると、血圧が急上昇し、脳出血等の脳血管障害を引き起こしてしまうことがあり危険なのです。薬を減らしたり、辞めたりしたい場合は、医師の指導のもと、徐々に減らしていくようにしてください。

2つ目は副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)です。ステロイド薬は、長く服用しているとホルモンの分泌能力が低下してしまうのです。そこで急に服用を辞めてしまうとホルモンの欠乏症に陥ってしまうのです。そして、てんかんや膠原病は発作を再発したり、生命の危険があるので、服薬は絶対にやめないでくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です