風邪薬との付き合い方

ちょっとした風邪を引いてしまった時、すぐに風邪薬を飲んでしまうと逆に風邪が長引いてしまう可能性があるのはご存知でしょうか。
風邪薬は「総合感冒薬」とも呼ばれ、実際に医師に風邪を引いた時に風邪薬を飲むかと聞いてみると8割の医師は飲まないと答えます。
これは風邪薬自体には風邪を治す効果がなく、副作用によって逆に長引かせてしまう可能性があることを知っているからです。

風邪薬は本来、風邪の諸症状を緩和して身体への負担を軽くする役割を持つ薬で治す事はできません。
そもそも風邪の原因はほぼウイルスによるもので、抗生物質は細菌には効果を表しますがウイルスには効果がない、つまり風邪を治す薬というものは存在しないのです。

風邪の諸症状である咳や鼻水はウイルスを排出するため、要は身体が風邪を治そうとして起こっている症状ですので、薬で症状を止めると長引いてしまうと言われています。

では風邪薬はどういう時に飲むべきなのかというと、どうしても外せない用事がある時に症状を抑えたい、咳や鼻水などの症状が辛すぎて眠れない、また39度以上の高熱が続くというときが適切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です